バシコ日記

自由奔放なお母さん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

どうかご無事で

今日の日記、長いけど楽しい写真もグーフィーのこともないです。

今日はお休みでした。
友達と会わないといけない用事があったので
ではついでにパークにも行こうかね、と思っていたのですが
朝からなんだか体調が思わしくない・・・喉と頭がイタタタタ。
これはこの前の台風でびしょ濡れになったからなのかー?!
本当はビーマジカル→ハロパレ→ビーマジカルの予定だったのですが
体調が落ち着くのを待ってハロパレからイン。
が、パレード見たもののやっぱり調子が悪い・・・シーに行ってる場合じゃない。
とりあえず友達との用事は済ませられたのでそのまま帰宅の途へ。
パーク滞在時間1時間ほどの贅沢インでしたw

そして帰り道。
電車の中でおばあさんに話しかけられました。
「どうも知らない駅ばかりなんだけどねえ。電車を間違えたのかしら」
話を聞くとどうやら下りに乗ったつもりが反対に乗ってしまったみたい。
よっぽど危なそうなら駅員さんにお願いしようと思ったんだけど
しっかりしてるし、話もよく分かってる。
ここまで来て降りて引き返すより東京にまわった方が絶対に早い・・・
「東京駅でかなり歩かないといけないんですけど、一緒に行きますか?」
「歩くのは大丈夫よ、元気だから!よろしくお願いします」ということになり
中央線ホーム目指しての小さい旅が始まったのだ。
普段から自他ともに認める迷子キャラの私に
声をかけてしまった事を後悔させるようなマネはできないぜ・・がんばる!

しかし!ご存知のように東京駅の京葉線から中央線までは鬼コース。
エレベーターを使えるところはなるべく使ったものの
「まだ上へ上がるの?!ずいぶんすごいところにあるのねえ・・・」と驚くおばあさん。
それでも「この年になってもまだまだ知らないことがあるわー」と常に前向き。
「こんなに緊張したのは久しぶり。でも緊張感も脳にはいいのよね、ボケ防止!」とか。
まるでリアルモモヨ※

※モモヨ:群ようこさんの本に出てくる90歳のアクティブおばあさん
結局お名前は聞かなかったのでここからモモヨと呼ぼう。

モモヨは一人でお墓参りに行った帰りだったそうな。
一人暮らしで、娘には一人で出歩くなといつも怒られているらしいんだけど
「だーって自由にやりたいのよ!娘とはいっつも喧嘩よ!うふふ」と笑っている。
そして年齢が判明したんだけど・・・92歳であった・・・
ぎょひー!やっぱり駅員さんか警察にお願いしたほうが良かったか。
私と別れた後に何かあったら申し訳ない。
しかしモモヨは足腰はしっかりしてるし耳も遠くないし
なにより、警察にお願いしましょうなんて言ったら「いやだ!」と逃走しそうなのだ。
「東京から中央線に乗るってことは高尾行きに乗ればいいのよね?」
「ええ・・っと、あ、そ、そうですね」
「中央線じゃなくても青梅線でもいいのよ」
「えっ!・・・ああ本当だ・・・そうですねえ」
(いちいち携帯で調べながらでないと答えられない私)
路線図も私より頭に入っている・・・

エスカレーターとエレベーターを乗り継いで、ついにアソコに。
アソコですよ、動く歩道。
果たしてモモヨはこれに乗ったことあるのかな・・・
「あのね、ここすごく長く歩くから動く歩道っていうのがあるの」
「えー!なあに?それ?あら!すごい!これに乗るの?!」
と自然に私の腕に腕を組んでくるモモヨ。
「じゃあ乗りますよー」
「ハイ!・・・うわあ!すごい!このまま立っていればいいのね!」
乗るときと降りる時にちょっと怖そうだったので
「これ、全部で3回乗らないといけないの。怖かったら普通のところをゆっくり歩こう」と言うと
「ううん!全部これに乗るわ!この歳になって初めて経験したわー!」と嬉しそう。
モモヨは3本目の動く歩道ではかなりコツを掴んでいた。
運動神経がいいと褒めると、昔は色々やってたもの、とまた笑っている。

動く歩道を抜けた頃には段差やエスカレーターじゃなくても自然とずっと腕を組んで歩いていた。
6年前に祖母が亡くなってから、久しぶりにお年寄りに触ったな。
モモヨはおばあちゃんの匂いがしたよ。

そしてついに中央線ホームに到着!
タイミングよく電車も来て、モモヨともお別れ。
「これ、今日買ったおいしい漬物だから!食べて!」
「なに言ってるの!なんにもいらないよ!」
「だめだめ!ほらっ!電車が出ちゃうから!」
モモヨは漬物の袋を私のカバンにギュウギュウ押し込んで電車に乗り込みました。
電車の座席から立ち上がってずっとぶんぶん手を振ってくれて
私もホームでぶんぶん手を振って
はたから見たら普通におばあちゃんを送って来た娘って感じだったかなあ。
何回も「お礼したいから名前と電話番号教えて」と言われたけど
「やだ」と断ったから、もうきっと会うことはないんだろうな。
だけど二人とも「またね!またね!」と手を振ってバイバイしました。

2011092301.jpg
モモヨがくれたキュウリの漬物。
家に帰って来て開けてみたらモモヨの食べかけのイカゲソ焼串のパックが入っていたw
モモヨ、歯も丈夫。
お元気で~!

  1. 2011/09/23(金) 22:52:21|
  2. 日常
  3. | コメント:2
<<ビーーー | ホーム | 待ち列が暑すぎ>>

コメント

最近悶々と悩んでたりしてて、今日もイマイチ元気出なかったんだけど、この日記読んで元気出たわ~!
バシコちゃんやモモヨおばあちゃんのように年を重ねていきたい。
  1. 2011/09/24(土) 21:43:45 |
  2. URL |
  3. マキヲ #-
  4. [ 編集]

>マキヲちゃん
えっ、リアルに私を知っているマキヲちゃんが言うセリフじゃないわー。
むしろ私の方がマキヲちゃんに憧れてっから!
モモヨには憧れるよね。
今回のことで私にもまだまだ何かができるのかも、と思ったなー。
  1. 2011/09/26(月) 20:54:08 |
  2. URL |
  3. バシコ #Ybw1CIdM
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

バシコ

Author:バシコ
性別:女
生息地:横浜
年齢:花の25才(娘が)
職業:生涯接客
好きな物:goofy
       ripslyme
       大福
       熊(西部系)


カメラになつかれない日々。

FC2カウンター

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

リンク

このブログをリンクに追加する

ドウメイ

アバウト・リンク

当ブログはリンクフリーです。
もの好きな方はどうぞよろすく。
バシコ日記
管理者:バシコ
http://bashico.blog84.fc2.com/

お持ち帰りでお使い下さいませ。
mail:bashico@hotmail.co.jp

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。